よくある質問

下取りと買い取りって、たいして金額は変わらないんでしょ?

車の乗換えを予定しています。いま乗っている車は下取りに出すつもりでしたが、買い取り専門店の存在を知りました。でも下取りでも買い取りでも金額は変わらないのでは?だったら下取りに出した方が面倒が少なくていいと思うんですが・・・。
いいえ、下取りとビッグモーターの買い取りでは金額にかなりの差があります。その秘密は、刻々と変化する中古車相場を、いかに素早く捉えるかに掛かっています。
ビッグモーターは全国のオークション会場から寄せられる相場データをリアルタイムで把握。車種ごとに一番高く売れる地域とタイミングを常に察知する事で、最も高い査定価格がご提示できるのです。
さらに、中古販売店網、全国どこでも同じ高値をご提示する本部査定システムで、「車買い取りのプロ」として、ご満足いただける高額買取の為の努力を続けています。
とにかく一度ビッグモーターの無料査定をお試し下さい。その金額の違いに納得していただけるはずです。

買い取りに出してしまって、車がなくなるのは困るんだけど?!

新車が納車されるまでは今の車が必要です。下取りなら納車まで乗っていられるでしょうが、買取に出してしまうと、先に車が引き取れてしまって、納車されるまで車なしになってしまうんじゃないでしょうか。それは絶対困ります。
心配はご無用。ビッグモーターには無料代車サービスがあります。車をご売却いただいたお客様が次の納車待ちという場合、無料で一定期間代車をお貸しいたします。中古車の価格は毎日のように変動するもの。「今は車が必要だから」と売却のタイミングを逃すと、思わぬ金額の下落を招く事も。一番いいタイミングで車を売って、次の納車を楽しみに待つというのが賢い乗換え。そのためにもビッグモーターの無料代車サービスを上手にご活用下さい。

買い取り専門店は、人気車種しか買い取ってくれないのでは?

幾ら下取りよりも買取が有利といっても、人気の車種しか買い取ってくれないのでは?愛着を持って乗ってきた車なのだから、安い価格を示されたらがっかり。だったら買い取り専門店に診せない方が良かったって事にもなりかねないのだけど・・・。
中古車の価格は車種や年式によって決まるのが基本。年式が新しく(高年式)、人気のある車種が高くなるのは事実です。ですが、さまざまな車を扱ってきたノウハウを持つビッグモーターなら、どんな車種もオールラウンドに取り扱えるのが特長。下取りでは価値の付かない純正外のオプションパーツなども、積極的にプラス査定。大切に乗っていらっしゃる車であらば状態が良い為、買い取り価格はアップいたします。

5年落ちの車は値段が付かない?

我が家の車はもう10年乗っています。乗り換えようと入ったあるディーラーで「車は5年もたったらタダ同然。でもウチなら金額は低いですが、下取りさせていただけます」と言われました。5年以上たった車を買い取ってもらうのは、やはりムリでしょうか?
国産車、輸入車、レアな車、年式が古い(=低年式の)車など、あらゆる車が含まれていますが、取り扱いに得意・不得意がないということ。一般の中古車店やディーラーの下取りの場合、低年式車は価格が付かなかったり、時には引き取ってもらえない事もありますが、ビッグモーターは直営の販売店があるため、低年式車でも買い取る事が出来るのです。「価格が付かないのでは・・・」と最初からあきらめずに、まずはビッグモーターにご相談下さい。

評価点って何?

査定書に書かれる評価点とは?

《7点》
新車登録後1年未満で、走行1,000km以内の内外装共に無傷、無修正のもの。
《6点》
新車登録後3年未満で、走行30,00km以内の内外装共に無修正で加修の必要の無いもの(小傷程度)。
《5点》
新車登録後5年、走行50,000km程度の内外装共に概ね加修の必要がなく、仕上げ状態の上質なもの。
パネル交換、錆、腐食のないもの。
《4.5点》
年式を問わず、走行100,000km程度の内外装共に軽微な加修を要し仕上げ状態の良好なもの。
腐食のないもの。
パネル交換はボルトオンパネル1パネル迄。
補修は良質なもの。
《4点》
目立つ傷、錆が数箇所に有るもの。
小の鈑金を必要とするもの。
鈑金塗装済みで、良好なもの。
内装に目立つ汚れ、コゲ等が少々有るもの。
オールペイント済みで、良好なもの。
《3.5点》
内外装共に4点よりも加修を要し、外装の傷、凹み及び、内装の焦げ穴、シミ等の目立つもの。交換を要する不具合のあるもの。
ヒョウ害車(仕上げ済み)。
色替車。
《3点》
溶接部分の交換歴があるもの。
内外装共に3.5点よりも加修を要するもの。
検査員の判断した軽微な損傷車。(フレーム先、インナー先修正など)
修正機跡のあるもの。
ヒョウ害車(現状)。
走行不明車。
《2点》
全体的に加修を要し、加修を施しても商品価値の著しく低いもの。現状車。
機関系に異常があり、修理を要するもの。
《R点》
修復歴車。

内装評価

評価点は内外装の総合評価となるため、内装のみの評価点はつけません。
しかし、目安として3段階に評価を分けて総合評価点に反映させます。

《上》
走行50,000km程度で、加修の必要が無く程度の良いもの。
目立たない部分の小焦げ、小傷、革シートの擦れ小、ルームクリーニングで回復する程度の汚れ。
《中》
加修の必要な不具合のあるもの。
焦げ穴、切れ、ダッシュボードの浮き等は目立たないもの。
焦げ等は3〜4個程度まで。
別体パネルのペイント。
《下》
部品の交換を要する不具合のあるもの。
内装の破れ、焦げ穴、ダッシュボードの浮き等が目立つもの。
悪臭のひどいもの。

評価点5点以上は内装評価「上」、評価点4.5点は内装評価「中」以上とします。

修復歴車定義

  1. フレームを交換、修正したもの。またはそれらを要するもの。
    (第一メンバー、リヤクロスメンバーを含む)
  2. フレームを破損したもの。(腐食、穴等含む)
  3. ピラーが曲がったり、折れたりして狂っているもの。
  4. ピラーを交換したもの。
  5. フロントインナーパネルを交換、修正したもの。又はそれらを要するもの。
  6. ルーフを交換したもの。修正後がひどく雑なもの。
  7. リヤホイールハウス及び、リヤインナーパネルを交換、修正したもの。又はそれらを要するもの。
  8. トランクフロアパネルを交換、修正したもの。又はそれらを要するもの。
  9. フロアパネルを交換、修正したもの。又はそれらを要するもの。
  10. カウルパネルを交換、修正したもの。又はそれらを要するもの。
  11. 修正、補修した状態が不明瞭で、修復歴の疑いがあるもの。

上記該当車は評価点「R点」とする。
尚、クォーターパネル、コアサポート、バックパネル、ステップ等の交換したものは、修復歴車としては扱いません。
尚、本評価基準での修復歴車とは、上記の通り車の骨にあたるシャーシ等骨格部品に対しての損傷を示します。
こうした骨格部品の損傷は走行に支障をきたす場合がある為、事故車として扱います。
ドアやフェンダーの交換や下記の軽微な損傷者などは、走行に影響しないという意味で修復歴車として扱いません。

3点車評価定義

各溶接パネルを交換したもの、修正機跡があるもの、及び検査員が判断した軽微な損傷車は評価点「3点」とします。

  1. フレーム先、後部の修正及びまがり。
  2. インナーパネル先、後部の修正及び曲がり。
  3. トランクフロア後部の修正及び曲がり。
  4. ピラーヒンジ部分及びドアストッパー廻りの小曲がり。
  5. 第一メンバー及びリヤクロスメンバーの小曲がり。
  6. リヤホイルハウスの修正及び小曲がり。
  7. その他検査員が判断した軽微な損傷者。

※ 前後フレーム、前後インナーパネル、トランクフロアは先端部・後部より5センチ以内の修正、曲がりとします。
それ以上のものは修復歴車で評価点は「R点」となります。